製品詳細

ラインナップ

真空米びつ 30Kg 備蓄・輸出

用途:米、大豆、菓子、ドックフード、マカロニ、種子、コーヒー

サイズ:H430 / W305 / L350

注意事項
※業務用に開発した真空容器です。吸引(真空)するための電動ポンプ、大型ロートが必要です。
特許
  日本 米国 中国 香港 韓国 台湾
A   7284681B2 ZL031490778  HK1062167 547593 198555
B 5633063 PCT出願中
C 5441203 PCT出願中
特許名称 A=ノズル接続技術 B=真空吸引ノズル C=クリップ、ハンガー技術

新米が1年たっても“まだ”新米
古米になりません!!

真空米びつの特徴

本品は輸出、備蓄等のために開発した30Kg型真空保存容器です。
外気温度30℃において虫なし、カビなし、新米の美味しさを中、長期保存可能にした画期的な容器です。箱型にしたため、持ち運びが簡単で、超高真空(-0.08~-0.095MPa)により多段積層が可能になりました。

米の保存方法別含有成分分析結果

65年程前、新聞に2000年前の地層から蓮(ハス)の種が発見され、植えたところ、発芽して花が咲き、太古の蓮の花として大きな話題になりました。(大賀ハス)
何故!2000年も種が生きていたのか! 調査した結果、泥沼に落ちた種が急速に乾燥して、強い真空状態の中に置かれていたことが、判明しました。
樹木の種子の保存について研究している国立研究開発法人 森林総合研究所林木育種センターの話では、「真空下 種子は呼吸を止めて『休眠』状態になる性質特性がある」ということでした。
弊社は、新米を真空米びつ(-0.095MPa)と紙袋に入れ(脂質、カリウム、リン、水分)含有量の経時変化を公立産業技術センターにおいて分析いたしました。

結果
測定誤差はあると思われるが、紙袋に比べて真空容器に保存したものが、全ての成分においての 変化量が少なく、新米のおいしさを中・長期保存可能と判断できる。

※業務用に開発した真空容器です。吸引(真空)するための電動ポンプ、大型ロートが必要です。

  • ゲージ付 業務用ポンプゲージ付 業務用ポンプ
  • 漏斗ロート
ページトップへ